社員インタビュー

自分が設計した金型から製品が出てきたときは、達成感を感じます。

生産技術部/2016年入社(出身学部:理工学部 材料機能工学科)

K・O

自動車業界を志望した理由は何ですか?

工業高校(電子機械科)を卒業した後、大学でも理工学部を専攻しており、高校生の時から製造業で働きたいと考えていました。製造業が盛んな愛知県、その中でも自動車産業の規模が大きく自分が学生時代に学んだことが存分に生かせると思い、この業界を選びました。

仕事でのやりがいや大変なことは何ですか?

私が所属している工機課では金型の設計、及び作製を行っています。自動車のシートに用いられているシートスライドレールや背もたれに使われるリクライニングの部品は我々が設計、作製した金型からできている物もあります。
自動車部品の品質、コストがシビアになっている昨今で設計から求められる形状も難易度が高くなっております。また設計からの要望だけでなく、円滑に且つ安く金型作製を進めるための課内の意見や、使いやすさ・作業のしやすさを求める生産現場の意見も取り入れるなど多様な意見を一つの金型に集約しないといけません。他社との競争力を上げるため特にコストの面で求められるハードルも高く設計時に苦しい思いをすることが多々あります。しかし、自分が設計した金型から製品が出てきたときは苦しい思いをしてもやってよかったと達成感を感じます。

今後の目標をお聞かせください。

変化が激しい世の中でも社是である「よい品を より安く より速く」を目標にし、日々自分自身も沢山の知識を吸収して経験を積み固定観念に囚われず柔軟に変化し、成長していくべきと考えております。またそのような考えになれたのは今いる部署の先輩方のおかげです。自分も先輩方に少しでも近づけるよう精進していきます。

学生の方へのメッセージ

就職活動をしていると自分自身を見失い、「軸」がぶれることが多々あると思います。しかしこのページを見ているということは少なくとも自動車業界に興味があるはずです。自分の興味は立派な軸になります。自信をもってありのままの自分で挑戦すれば納得いく会社に就職できると思います。頑張ってください!

その他のインタビュー