社員インタビュー

電子回路の設計要素が多い分、自分自身のスキル向上につながります。

広島設計部/2018年入社(キャリア採用)

N・M

志望動機・入社のきっかけはなんですか。

元々自動車が好きで、自動車の設計業務に関わりたいと思っていたところ、車載ECUの回路設計者を募集していたIMASENの求人に目が留まり応募しました。
前職では農機具向けECUの基板設計を行っており、今までの経験をIMASENでも活かせると思い、入社を決めました。
また、自動車部品メーカーは東海地方や関東地方に多く拠点を構えていますが、IMASENの電子事業本部は広島に拠点があるため、実家の四国(徳島)に近いというのも魅力です。

仕事でのやりがいや魅力を教えてください。

現在の業務はエアコン制御ECUの回路設計、基板設計等のハードウェア設計業務を行っています。車載製品の設計は家電製品などの民生機器と比較して、高い信頼性が求められるため、それに応じた回路・基板設計が必要となります。
また、設計部のイメージは、ひたすらパソコンに向かっていると思いますが、実際には客先との仕様打ち合わせや他部署(生技・営業等)との製品の内容、価格の調整業務もあるため、説明力も必要です。
大変だと思うことは、自動車向けのECUは高水準の電磁両立性が求められるため、ECU自身が妨害電波を放出しないことです。この基準を満足する回路設計と基板設計を行うことはすごく大変ですが、今後、電気で動く物が増えるたびに電磁両立性は重要な項目になるため、これからの時代に必要なスキルが身につく点ではやりがいを感じます。

今仙のいいところをお聞かせください。

前職では、どちらかというと基板設計の業務が多く、入社当初は製品の電子回路の内容を理解することに手間取りました。しかし、入社直後は先輩が丁寧に内容を教えてくれたため、徐々に製品の内容を理解することができました。電子回路の設計要素が多い分、自分自身のスキル向上につながることが、一番転職して良かったと考えています。

学生の方へのメッセージ

自動車が好きな人は自動車業界に入ることをおすすめします。
自分の好きな事を仕事にできると、必然と仕事への興味も沸き仕事への理解速度も向上します。
また、周りの人も自動車が好きな人が多いので、趣味の話も広がりますよ!!

その他のインタビュー