IMASENサスティナビリティレポート



IMASENは、持続可能な社会の実現に向け、事業を通じて社会の課題解決に取り組んでいます。

 スポーツ用義足でアスリートをサポート


ユーザーの気持ち、ライフスタイルに寄り添った様々な義足・電動車いすを提供
スポーツ用義足はアクティブなスポーツシーンでもアスリートの活躍を支えています


IMASENグループでは、福祉機器事業を担当する株式会社今仙技術研究所において、2002年よりスポーツ用義足の社内開発プロジェクトをスタートしています。
2014年からはスポーツ用品専門メーカーのミズノとの共同開発に取り組み、その中で生まれたトップアスリート向けスポーツ義足用板バネは、世界的な障がい者競技大会に出場する選手の活躍をサポートしています。
また、トップアスリート向け製品をベースに、形状の見直しやコスト抑制等をはかった一般向けスポーツ義足用板バネも開発し、幅広く障がい者スポーツの普及、発展に貢献しています。

KATANAΣ(カタナシグマ)
陸上競技トップアスリート向け義足用板バネ

※スポーツ義足用板バネの開発の取り組みは               
NHK World TV番組 『Rising』 でも紹介されました。            TV番組紹介ページ

KATANAα(カタナアルファ) 2021年9月発売
スポーツエントリー層向け義足板バネ
初めて走る人向けのエントリーモデルで
日常用の義足ソケット、部品を利用して使用できます。



株式会社今仙技術研究所
〒509-0109 岐阜県各務原市テクノプラザ3丁目1番8号
<事業内容>福祉機器(電動車いす・骨格構造型義足等)、電気、機械応用製品の研究開発及び製造販売
https://www.imasengiken.co.jp/